SOL DECEM

Ballroom & Latin Dress for your best dance life.

ダンスドレスの作り方

ラテンドレスのリメイク紹介&W円形スカートのパターン

スカート総取り換えのリメイクをしました!

Before

2014-03-28 15.37.37

After♪

2014-03-21 00.52.57-1

画像が暗くてごめんなさい!

もともとストレッチサテンの一枚の短いスカートだったものを、オーガンジーの2枚重ねのすそにホースヘアーを縫い付けたボリュームスカートに替えました。

スカートのボリューム感が変わるとドレス全体のイメージもガラッと変えることができますね。

 

オーガンジーのボリュームスカート+ホースヘアーは最近にわかに流行っている?ような気がします。以前プロの競技会を見に行った時も、このタイプのドレスを多く見かけました。

私の予想だと、この形のブームのきっかけはこの

2014-01-21 07.44.19

昨年のダーシャのドレスなのかな?と思っています。

もちろん今回のリメイクドレスもこのスカートをイメージしました!

 

 

こういう円形のスカートのパターンは、私も最近になってようやくコツがつかめてきました。

基本的にスカートは円形で作るのですが、こういったボリュームを出すには360°の全円スカートだと全然足りません。なので、スカートの広がりを倍の720°でとったW円形スカートにしています。

2014-03-20 21.31.43

これで1/4です。

基本的なパターン自体は結構単純で下の図のような円形を2つ作り、一か所切って二枚をつなげて縫えばOK。

patern

こうやって作れば、ひだの量が全円スカートの倍になるので踊った時によく広がって踊ってくれます。最近のラテンドレスのフレアスカートは少なくてもこのW円形くらいの量はスカートがあるのではないかと。

パソドブレのドレスなんかは、ダブルよりもさらに多い量のひだで作ることもあります。

 

ひだが多ければ多いほど舞う量が増えて素敵なのですが、その分すその円周もすごい量になるので、ホースヘアーを付けたりするのは大変だったりします。

今回のリフォームではだいたい40㎝丈くらいの720°円形スカート×2枚で、ホースヘアー15m近くは使いました。

ホースヘアーのつけ方にもコツがあるので、そのへんもいずれ記事にしようと思います!

 

ちなみに今回のリメイクはバングルも新しく作りました。

2014-03-21 15.11.04

前回紹介したバングルの作り方のやり方で、ベースをゴムではなく硬めの芯にして作っています。

手首にかぽっとはめて、踊ると少しゆるゆると動くデザインです。

こちらのバングルに使っている芯はポリエルテルのハードボーニング。コルセットの成形なんかに使うもので、手芸屋さんなんかに売っていますよ~

私はいつもお世話になっているクリスタルクローバーさんで一反40m丸ごと買ってます。

 

 

 

最近ではリメイクやお直しもたくさんお問い合わせをいただくようになりました。

他社メーカーさんのドレスを直してくれるドレス屋さんは案外少ないので、お困りの方が多いみたいです。

価格的にも大手さんに頼むよりは割安になるよう頑張っていますので、もしここがもうちょっとこうだったら着れるのに…!というドレスをお持ちでしたら、お気軽にご相談下さいませ!

画像添付の上で内容メールいただければお見積りご返信いたします♪

お問い合わせはこちらから!

それでは!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでSOL DECEMのつぶやきをフォローしよう!

SOL DECEMのドレスについてもっと見る

■販売・レンタル受付中のドレスは>>こちら

■過去の製作実績を見る>>こちら

■ご注文方法について確認するには>>こちら

気になったことはいつでもお気軽にお問い合わせくださいませ!
お問い合わせ

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. マツモト カズコ

    はじめまして。

    男性用シャツの型紙は販売されていますか?

    作りたいのは、ツーウェイ生地をつかって、カラダにピッタリしたシャツです。

    あれば費用など教えて下さい。

COMMENT ON FACEBOOK